ニュース

ニュース

犬の病気(腫瘍:口腔内悪性メラノーマ)

このわんちゃんは、昨年春、うちの子がおたふく風邪になったかも、、、と来院しました。

口を開けると、アワビみたいな大きなしこりが存在し、大人しいワンちゃんだったので、細胞診を行いました。黒い色素を持つ大きさがバラバラの細胞の塊を確認し、メラノーマの疑いがあるので、顎のリンパ節、胸部、腹部の精密検査を行いました。

メラノーマとは、メラニン色素を持つ細胞が悪性腫瘍になることです。進行が早く、転移率も高いです。毛が少ない場所(口、爪、耳等)は進行が早く、毛が生えているところ(皮膚)での発生は進行が遅めではあります。

このワンちゃんは、ステージ3のメラノーマと診断しました。顎のリンパ節、肺転移がないので、唇、頬、上顎歯肉ごとしこりをかなり大きく摘出する手術をしました。病理検査結果は、メラノーマ(マージンー,脈管内浸潤+)でしたので、再発、転移予防の為、化学療法を選択されました。化学療法術後2ヶ月で、再発無く、遠隔転移(肺等他の臓器)無く、小豆大に腫れた右下顎リンパ節の転移を確認しました。

そのまま続けて化学療法と、転移したリンパ節には温熱療法を行いました。リンパ節が大きくなると、食事が食べにくいとか 生活に支障が出るからです。

温熱療法とは?

腫瘍を死滅させたいところに、熱を集める抗がん剤入りの薬剤を注入して、光線温熱療法治療器の高出力赤外線を当てる治療法です。

3年前から当院で取り組んでますが、手術困難な悪性腫瘍、特にメラノーマ、猫のワクチン誘発性肉腫、炎症性乳癌等々、、術後の再発防止には効果を示す症例も複数います。

この子はこの1年半、進行がほとんどなく、リンパ節がビー玉大にはなりましたが、食欲もあり、胴輪がきつくなりました。7kgから8.5kgに。

このワンちゃんと同じ時期に 口のメラノーマに罹ったヨークシャテリア、ラブラドール、別のビーグルさんも同じ治療を施しましたが、皆1年以上再発無くすごく食欲がありましたが、別の病気でお亡くなりになりました。

現在、メラノーマの治療法には、手術、化学療法、放射線治療、免疫療法、温熱療法等があります。あと、アメリカではメラノーマのDNAワクチンも認可がおりて使用されています。

近い将来メラノーマの根治率が高くなる日がくることに期待したいですね。治療費もリーズナブルになってほしいですね。

20年前には考えられないことでした。

追伸  本当のタイトルは、、、、、うちの子も載せていただけます?  でした。