ニュース

ニュース

犬、猫の病気(腫瘍:猫の乳がん)

 少しでも早く異常を見つけるために、以前から癖で、ネコちゃんのワクチン、定期健診に来た時には、触らせてくれるネコちゃんのお腹側全体の皮膚、皮下をまんべんなく触っています。

この1ヶ月の間に3頭の猫ちゃんの診察中に乳腺部のしこりを確認しました。細胞診にて、乳腺細胞が確認され、乳腺腫瘍を疑いました。(ミケ猫さん、クロネコさん、灰色猫さん)

(この黒い猫さんはとてもシャイな猫ちゃんです。今まで飼っていた子たちの1匹に瓜二つです。今まで、飼って見送った猫ちゃんの総数を数えたら、びっくりしましたが、32匹もいました。)

 

飼い主さん達には、猫の乳腺腫瘍は悪性が多く、腫瘤が大きくない場合は、手術で乳腺片方もしくは両側全摘+脇、鼠経リンパ節郭清で生存期間が長くなることと、治療しない場合はしこりは破けて痛い思いを負わせてしまう可能性をお話しました。しばらくしてから、3人の飼い主さんから、手術を選択される返事をいただいて、1頭は乳腺片側全摘手術、2頭のネコちゃんは今後の予防に両側全摘手術をおこないました。

3頭ともに、乳腺癌で、1頭のネコちゃんは、2個の乳腺に発生しました。3頭ともに、リンパ節転移、遠隔転移も認められませんでした。2頭のネコちゃんは、術後再発防止のため、抗がん剤を実施しています。経過は現在良好です。

ネコの乳がんはしこりの大きさで予後、生存期間に違いがあります。しこりの大きさも2〜3cm未満の場合は2ー3年、大きさが2~3cm以上で平均生存期間は半年ぐらいになります。そのため、飼い主さんが見つけた時には腫瘍が大きく、進行している場合が多いです。

 

猫の乳腺腫瘍は4000頭に1頭の確率で発生します。未避妊猫ちゃんの発生率は避妊手術済みの猫ちゃんよりも高く、99%を占めます。避妊手術を受ける年齢で発生率が異なり、生後6か月未満で避妊手術を行うと、受けていない猫ちゃんの10分の1の発生率になります。生後2年以降に避妊手術を行った猫ちゃんは、避妊していない子と乳腺腫瘍になる確率は変わりません。生後6か月未満での避妊手術は、乳腺腫瘍の予防につながります。避妊手術は卵巣、子宮を摘出する手術で、5〜10分ぐらいで終わり、傷も1cmぐらいなので、術後はエリザベスカラー、術着も付けずに、ストレスなくネコちゃんは通常と同じ生活が送れるので、避妊手術は早めにしたほうが、ネコちゃんの負担が少ないですよ。(下の写真は避妊術後でネコちゃんは麻酔で寝ています。)

避妊手術は上の傷ぐらいで済むので、とても回復が早いです。

 

私は6年前に、口内炎の治療中に偶然見つけて乳腺を全部摘出手術+抗がん剤を1年間行って、現在完治してますニャン。姉妹猫も罹っていたニャン。他のネコ家族でも母猫、姉妹猫と3頭以上なるケースがあったニャン。姉妹に罹っているネコちゃんがいたら、罹りやすいニャン。

この子みたいに、5年以上前に乳がんに罹って、良好な経過を得られている子が現在複数います。

早期発見の場合は、乳腺全摘、術後化学療法で完治も望める病気ですよ。